この切手を持ってる方!高額買取してもらえるかも?!

価値以上の価値がある?

部屋を掃除などをしていたりすると色んなものが出てきたりします。たまに古めかしい昔の切手なんかも出てくることもあると思います。ところでその切手、どんな絵が描いてありますか?もしもその切手に見返り美人の絵が描かれていませんか?もし状態の良いものなら1万円以上で取引される可能性があります。なぜそんなことになっているのか。全国には切手を収集するのが趣味の切手コレクターの方が全国各地に大勢います。また、切手収集ブームが再来していることもあり新たなコレクターの方も増えてきています。そんな賑わっている切手コレクター業界で、見返り美人の切手が高価格で取引されています。
このように切手には書かれている金額以上に価値があるということが多々あります。捨てたりするのではなくまずは価値を確認することお勧めします。

他にどんな切手に価値があるのか

前段で紹介した見返り美人以外にも高額で取引される切手は沢山あります。その一部を何個か紹介していきます。
まず一つ目が明治五年に発行された桜切手(20銭赤紫色)。まず見つかることが無いと言われているもので、その分価格もとんでもないこととなっていて、取引価格で数千万円の価格で取引されます。
二つ目が明治五年発行の竜銭切手(壱銭第三版)。桜切手ほどではありませんが、こちらも流通量が少なくなかなか見つからないとされる切手で100万円以上の価格で取引されます。
三つ目が明治八年発行鳥切手(十二銭)。こちらも価値が高く70万円前後で取引されます。
紹介したもの以外にも価値があるものが沢山ありますので調べてみると良いです。